痩せるには…

こんにちは、カジモトです。

桜が美しく、心がほっこりする時期になりましたね(^_^)(花粉の方は今がピークでしょうが、もう少しです!)

厚手の上着を着ることもなくなり、身軽になると同時に気になるのは、悩ましい脂肪ではないですか?

 

アリュールでは、8周年キャンペーンがご好評いただいていますが、特に人気がやっぱりインディバ!ありがとうございます!!

 

そこで、最近カウンセリングを行っているなかで、とても気になることがあります。

それは…お砂糖依存症の方がとっても多いのです!

お砂糖と言うと、わかりにくいかもしれませんので、甘いものと書きます。

具体的には、とにかく甘いモノがどうしても食べたい、やめられない。

ご飯を控えても甘いモノは毎日食べたい、朝、起きた瞬間からでも食べたいと…

 

結論から申し上げると、白砂糖を使用した甘い食べ物は本当に太りますし、肌もきたなくなりす(T_T)

カロリーに気をつけて、あまり食べていないのに太る、紫外線に気をつけているのにシミ、シワ、タルミが目立つ、というのもお砂糖の影響が大です。

 

原因はお砂糖が身体に入ると、体内の消化酵素を大量に使ってしまうからです。

例えカロリーに気をつけていても、お砂糖は痩せるための体内酵素を無駄遣いしてしまうので、痩せませんし、お肌もキレイになりません。(釘が錆びるように身体の細胞も錆びていきますしね)

 

でも、わかっているけどやめられない、というお気持ちも良く分かります。

 

そんな方に1つ情報をお伝えしますね。

チョコレートなどを購入する時は必ず裏のパッケージを見て下さい。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、原材料は配合量が1番多い順から書かれています。

このように

 

見えますか?

本日の私のおやつです(^^)

配合順位がカカオマスの次、2番めに砂糖とありますよね?

ここがポイントでして理想は、3番目に砂糖の表示がきているものを選ぶと良いです。

最低でもこのパッケージのように2番めに。

 

一般的にスーパー、コンビニで売られているのは、ほとんど1番めに砂糖がきます。

 チョコレートを選んでいるつもりが、チョコではなく、チョコレート風味のお砂糖を食べていることがほとんどです。

砂糖を食べるなら、栄養効果の高い黒砂糖のほうが全然いいくらいです。

 

白砂糖の中毒性が高く、動物実験ではなんと、麻薬よりも砂糖のほうが強いというデーターも出ています(恐ろしいですね…)

精製された白砂糖を口にすると、もっともっと食べたいと脳が、身体がほしがりますので、出来る限り白砂糖の量を毎日減らしていきましょうね。

 

私も普段は控えているのですが、今日みたいな生理前は欲しくなります。

ツルヤに売っている明治のチョコレート効果、美味しいですよ!

砂糖が3番めに配合されているのもありながらも、こちらを買ってしまいました(笑)

 

 

 

Scroll Up