たるみが原因で頬内側の粘膜を噛んでしまい傷が出てしまい…涙

梶本です。こんにちは。

今日は、久々に3Dハイフを打ってもらいました。約4か月ぶりかと思います。なぜ急に打ってもらったかと言いますと、口の中の粘膜が傷だらけになりまして…

たるみのせいか、今までは、目の下にあった頬の脂肪位置が下がり。

その為、やたらと口の中右側粘膜を、歯でかんでしまうのです。痛くて…涙

毎日、見慣れてしまうと、たるみ状態が分かりにくくなります。キャリア26年の私でも、お客様の事は分かっても、自分の事は分かりにくくて(笑)

スタッフには、「太くなったー!」や「日焼けした?くすんでる!」など言うくせに、自分の顏のたるみには、口の中に傷が出来るまで気がつかず…

お恥ずかしい…

さてさて、かなりの効果が出ました。画像をどうぞ!(全て完全素顔です。修正は全くしておりません。目の印象が入ると、リフトアップ感伝わりにくいので、最後だけ目元黒テープ貼りました)

 

まずは、上の写真ですが、右側の顏の方が、明らかに目元がハッキリしていませんか?また、小鼻が小さくなり鼻筋もスッキリ!老化してくると、小鼻が浮腫み、穴も大きくなるのです…おじさん、おばさんになってくると穴がとても大きくなってしまいます。

外人さんのように、鼻筋がシュッとして小鼻が小さい人に憧れます。スタッフのみきさんの鼻は、私の永遠の憧れです(笑)

他にも顔に立体感が出てくるので、すこーしだけ(笑)、若くなってませんか?

のっぺり感が強く出て、小鼻が大きくなってくると確実に、+5歳は増えた感じになるのです。もうアラフィーと立派な中年ですから、これ以上老けたくありません…(;一_一)

やはり、頑張って3Dハイフを定期的に受けなくては!と固く誓いました。

だいたい、口の中に傷ができるなんて重症です。でも私だけではなく、たまにお客様からも聞きます。たるみの世界では良くある、あるある話なんですよ。

傷まで出なくても、3Dハイフを受けると、頬の脂肪が本来あるべき定位置に戻るので、視界に自分の頬が映るんです!受けた方は、みなさん、うん、うん!とうなずいて頂けますよね☆

それでは、また。

 

Scroll Up