注意!!日焼け止め選びを間違えるとシミは濃くなる!

こんにちは。

連日晴れピカーンと青空が続きますね。
気持ちがいいけど、どれだけ空から紫外線が届いているかと知っていると、暑さによるクラクラではなく、別の意味でクラクラ…。
————————-シミを悪化させる紫外線シャワー————————–

そう、紫外線は目には見えませんが、シャワーを浴びているのと同じです。ひたすら紫外線シャワーにあたり続けているので、十分注意が必要。

一瞬の隙、甘さが、生涯悩むシミを顔に残しますから。

シミができる流れですが↓

紫外線を浴びると皮膚内に活性酸素が発生し、メラノサイトからメラニンが生成されます。
メラノサイトの活動、暴走が過剰にメラニンを作りだすので紫外線は避けたいのですが、紫外線以外にも原因があるのです。

それは。。。紫外線吸収剤入りの日焼け止めクリーム…。

紫外線吸収剤の原理は、紫外線を浴びたときに、肌の上で紫外線を吸収し別のエネルギーに変換します。

吸収して別のエネルギーに変換なんて、すごいことがおこっているのですが、そのツケでしょう…
赤みやかぶれがおきやすく、肌へのストレスが強いのです。

紫外線を肌に入れないよう、守っているはずが、別のストレスを新たに生んでいます。
上記の画像を見ても、いかに活性酸素を発生させないかが超重要!!

日焼け止めつけているのに、シミを濃くしているなんて最悪すぎますからね(/_;)

市販の日焼け止め剤には、紫外線吸収剤のもの、紫外線散乱材があります。
ほとんど、紫外線吸収剤入りのものがメインですが、探せばあります。

市販では、ぶっちぎりの1位でしょうね↓NOV日焼け止めローション


続いてエンビロン!SPF16の数値に「大丈夫かな?」とご不安は無用!南国でも1番焼けませんでした。ビタミンA、C、Eのトリプルビタミンが紫外線を肌に入れません↓

日焼け止めをつけていても、日焼けする、シミが濃くなるとお悩みの方は、ぜひとも1度日焼け止めアイテムを見直すべきですよ。

体は、部位にもよりますが、皮膚の厚みが顔と2倍違いますから強い。
そこまで深刻にならずに選んでもOK!

それでは、今日も老化の元となる、老化シャワー浴びないように過ごしましょうね。

浴びすぎちゃった!シミが濃くなった!という方は早めのケアが1番大事!
フォトパールでケアをしないとダメです!

 
Scroll Up