ストップ!マスクで顔の下半身が老けていく…対策を!

こんにちは。梶本です。

タイトルの続きですが、早速対策を伝授します!

もちろん1番良い対策は3Dハイフを打つことですが今回はご自宅で出来ることを♪

サロンケアが受けられない、または3Dハイフ後の更なるキープ対策として
ぜひ毎日の日課にしていただければと思います☆

舌で口の中の筋肉をなぞることなんですが、
マスク生活で動きが50%以下になったという口輪筋を鍛えることが出来るので
ほうれい線に効果があります!

また、舌は舌筋と言われるように筋肉の塊です。
舌を動かすだけで顔全体のリンパの流れが良くなるので小顔効果も大!!!

以下の画像のようにやってみてください。

 

舌を使って口の中で皮膚を持ち上げるようにグルッとゆっくりなぞっていきましょう。
右回し3回、左回し3回ずつ。

回数は特に制限はありませんが、最低でも朝晩2回。
マスクの中でも出来るので、ちょこちょこと気が付いた時にはやってみましょう!

継続は力!頬のもたつきが改善されていきますからね♪

本当に驚くくらい、マスク生活で顔のたるみが進行している人が急増中。。。(泣)

あなたは、どうでしょうか?
マスクを外した顔に以前との違い、違和感が生まれてきていませんか?

「なんだか私、老けた?」と…。

つい、手でほうれい線を出さないように、上げてみたりしていませんか?

表情筋の活動がマスク着用時とマスクなしの時では、50%も違うといわれています。

半分も使われなければ老けますよね。。。

体だって動かさなければ筋力は、どんどん落ちていきますし。

マスク生活で顔が隠れるから、美容に力が入らない!なんて思っている場合ではありません。

マスクだからこそ、老けが進行しているのだから手を打たないと!!!

マスクフリーの生活は必ず来るし、美容感度の高い人は未来を見据えて手を打っている!!!

3Dハイフの効果が絶大ですが、上記の方法でケアしていく事も超重要です。

トライしてみてくださいね☆

 
Scroll Up